南青山ワイセツ心療内科医 “数々の余罪”と“呆れた言い訳”

公開日:  更新日:

 完全なビョーキだ。診察中に20代の女性患者にわいせつな行為をしたとして、「南青山メンタルクリニック」(東京都港区南青山)院長の武田浩一容疑者(61=港区南青山)が6日までに強制わいせつの疑いで警視庁赤坂署に逮捕された。

 武田容疑者は9月8日昼ごろ、女性患者と2人きりのクリニックの診察室で肩を無理やり抱き寄せ、ブチューとキスをした。母親に相談した女性が10月に被害届を提出し、事件が発覚。同様の被害の相談が数件寄せられているという。調べに対し、武田容疑者は「ハグをした後、衝動的にキスをしてしまった。好きになってしまった」などと供述しているというから、キモイ。

「精神疾患の治療では、『陽性転移』といってカウンセリングや精神分析療法の過程で患者と治療者が密接な関係になって感情転移を起こす、つまり主治医を好きになることがある。逆に治療者が患者に好意を寄せるのが『逆転移』です。武田容疑者は『本当は診察している間に好きになってはいけないんだけど……』と、わいせつ行為をまるで『仕方ないこと』と言わんばかり。性的な欲求を抑えられなかった言い訳に使っているのだからあきれます」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る