28歳自衛官にあおられ続け…54歳女性“恐怖の山陽道”1.4㎞

公開日:

 被害女性は、さぞかし怖かったに違いない。道を譲らなかったことにブチ切れ、1.4キロにわたってあおり運転を続けた自衛官が捕まった。

 兵庫県の山陽自動車道であおり運転を繰り返し、無職女性Aさん(54)の乗用車を停止させたとして10日、陸上自衛隊三軒屋駐屯地(岡山市北区)の陸士長、高橋琢也容疑者(28=同)が暴行と道交法違反の疑いで、県警高速隊に逮捕された。

 11月18日午後6時半過ぎ、高橋容疑者は助手席に家族の女性を乗せ、大阪から自宅のある岡山方面へ向かっていた。山陽道下り線の追い越し車線を制限速度100キロを上回るスピードで走行。女性Aさんが運転する車に追いついたが、道を譲らなかったため、腹を立て執拗にパッシングし、あおり始めた。

 高橋容疑者は車線を変更して走行車線からAさんの車を追い抜き、前に割り込み、蛇行運転や低速運転を続け、走行を妨害。急ブレーキをかけて減速させると、ハザードをつけ、窓を開け、右手を出して「(左に)寄れ、寄れ」と指示した。さらに運転席からポーンと空き缶を投げつけ、いったん、左後方から車が合流する三木ジャンクションの一番左側の合流車線へと誘導した。そこからまた本線に戻り、走行車線のど真ん中で停車。仕方なくAさんも車を止め、そのままの状態が約20秒間続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る