阿部祐二氏が語る 誰もが“畠山鈴香”にならない保証はない

公開日:

秋田児童連続殺人事件(平成18年)

 平成とはどういう時代だったのか。前回のオウム事件に続き、「秋田児童連続殺害事件」に注目してみた。過熱取材から劇場型犯罪とも呼ばれたが、犯人の畠山鈴香に最も食い込んでいたとされる阿部リポーターに当時を振り返ってもらった。

 事件は平成18年4月、秋田県山本郡藤里町の町営団地から10キロ離れた川で、畠山彩香さん(当時9歳)が水死体で発見されたことに始まる。捜査当局は水死として処理したが、直後に母親の鈴香(当時33歳)が「娘は殺された」と主張し、犯人捜しのビラ配りを始める。娘を亡くした母に世間の同情は集まったが、1カ月後に近所の米山豪憲君(当時7歳)が遺体で発見される。疑いの目が向けられたのは、不幸な母とみられていた鈴香だった。

 ――人口4000人ほどの青森県境の山あいの町で2人の児童が相次いで殺害された。畠山鈴香受刑者(無期懲役で服役中)の最初の印象はどうでしたか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る