新潟少女監禁事件<前編>少女が2階にいると気づかない母親

公開日:

 今から18年前の冬、写真週刊誌のカメラマンだった私は、カメラマン控室の一角に置かれていたテレビから流れてきたニュース速報に目がくぎ付けになった。

 ネットニュースが浸透していなかった当時、テレビのニュース速報が、一大事を伝える重要な手段であった。

 その速報は、新潟で9年2カ月にわたって監禁されていた少女が発見され、監禁していた男を逮捕したというものだった。

 そのニュースに衝撃を受けた私は、どうしても現場に行きたいと思い、事件を担当しているデスクに速報が終わるとすぐに電話した。

「そんな事件が起きたのか、そんなに行きたいなら、行ってもいいよ」

 デスクは、速報が流れたばかりであり、事件のことを知らなかった。

 犯人の男が少女を監禁していたのは、JR柏崎駅から、歩いて30分ほどの場所にある住宅街の民家だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る