森功氏が許永中を振り返る「口調は爽やかで若々しかった」

公開日:

イトマン事件(平成3年)

 バブル紳士と聞いて真っ先にその名が浮かぶひとりに違いない。許永中が東京で注目され始めたのは1988(昭和63)年のソウル五輪の頃だ。100キロ近い巨体にスキンヘッド。「大阪国際フェリー」のオーナーとして大阪―釜山の定期船を就航させた許は、謎の日韓ロビイストと呼ばれた。

 それから間もなく、3000億円が闇に消えたとされるイトマン事件を引き起こし、91(平成3)年7月に大阪地検特捜部によって逮捕された。

 許は日本の政財界と裏社会をつなぐパイプ役として機能した。戦後最大の経済犯罪とされるイトマン事件では、1兆円を超える巨額不良債権が発覚した。その不明朗な資金の流れを追及した大阪地検検事正・土肥孝治(当時)は、「金の流れを解明できなかった」と悔やんだ。事件の背景に、政財界の利権や山口組関係者の影が見え隠れしていたのも間違いない。それらが3000億円が闇に消えたといわれるゆえんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る