飲酒運転事故で内妻を身代わり 航空管制官の悪質隠蔽ぷり

公開日: 更新日:

 連日、パイロットの飲酒が問題視されていたというのに、国土交通省所属の航空管制官が飲酒運転で事故を起こし、内妻を身代わりに立てていたというのだから、相当タチが悪い。

 道交法違反(酒気帯び運転)と犯人隠避教唆の疑いで近く書類送検されるのは、大阪(伊丹)空港に勤務する男性航空管制官A(55)。

 Aは11月11日夜、大阪府枚方市の国道170号の枚方大橋を普通自動車で高槻方面に走行中、片側2車線道路の歩道の柵に激突。バンパーが潰れるなど、車は大破した。事故車両を目撃した通行人が110番通報。焦ったAは現場近くに住む内妻(37)に電話をかけ、「頼むから、運転していたことにしてくれ」と口裏合わせをした。警察官が駆け付けると現場にはA1人しかおらず、「私は運転していません。妻が運転していた。妻は今、ちょっと別の場所にいます」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る