機内でこっそりシャンパン JAL女性CAの手口と言い訳と前科

公開日: 更新日:

 日本航空は25日、46歳の女性客室乗務員(CA)の呼気からアルコール反応が出た問題で、CAが機内で飲酒したとする調査結果を発表した。CAは乗務中、乗客用のシャンパンをトイレでこっそり飲み干し、しかも機内での飲酒は、今回が初めてではないというのだから驚きだ。

 CAは当初、社内調査に「なぜ数値が出たのか分からない」とすっとぼけ、決定的な“証拠”を突きつけられても、まだ「分かりません」とシラを切っているというから、大したタマだ。

 12月17日20時27分、ハワイ・ホノルル行きのJL786便が成田空港を離陸。機内には10人の客室乗務員がいた。問題のCAは、ビジネスクラスのキャビンサービスを担当。出発前の17時55分ごろに行った検査では、アルコールの数値は0ミリグラムだった。

 離陸後の23時15分ごろ、最初の食事サービスが終了。別の女性CAから責任者の先任客室乗務員に、「ミールサービス中に1メートルくらいの距離でアルコール臭がした」という報告があった。先任CAが様子を見に行くと、CAはシートに座って書類を作成中で、アルコール臭は感じなかった。そのため検査はせず、CAは乗務員用の食事をとった。同50分ごろ、別の女性CAが「調理室の中でアルコール臭を感じた」と報告。先任CAが携帯していたアルコール感知器で直ちに検査を実施したところ、呼気から0・15ミリグラムのアルコール値が検出され、連続して行った検査でも同じ数値が出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る