心愛さん虐待死事件 市教委担当者は罪に問われないのか?

公開日: 更新日:

 なぜ虐待父に渡したのか――。多くの国民が千葉・野田市教育委員会の処置に不信感を抱いているはずだ。

 同市の小学4年生だった栗原心愛さん(10)が自宅で死亡した事件で、市教委の担当者らが父親の栗原勇一郎容疑者(41=傷害容疑で逮捕)に、心愛さんが書いた学校アンケートのコピーを渡していた。

 心愛さんは一昨年11月、学校のアンケートで「お父さんにぼう力を受けています」「先生、どうにかできませんか」とSOSを送っていた。だが、昨年1月、学校と市教委は父親と三者会談を持ち、父親は「暴力はしていない」「訴訟を起こす」と激しく抗議。すると、3日後に市教委の担当課長らが教育長の許可もなく、独断でコピーを渡したのだ。

 娘の「告発」を知った親がさらに、つらく当たるのは容易に想像できる。当事者の担当課長は会見で、栗原の態度に恐怖を感じ、「(渡すことで)安心感があった」と弁明したが、そんな父親なら、なおさら虐待リスクが高いと判断すべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る