小4虐待死事件で母逮捕「娘が暴行受ければ自分は免れる」

公開日: 更新日:

「娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないですむと思った」――。千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(10)が虐待を受けて自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、母親の栗原なぎさ容疑者(31)がこう供述していることが分かった。けさ(5日)のNHKが捜査関係者の話として報じた。

 以前、一家が沖縄県糸満市に住んでいた際、なぎさ容疑者が夫の栗原勇一郎容疑者(41)から家庭内暴力(DV)を受けているとの相談が、親族を通じて市に寄せられていた。心愛さんも野田市の小学校で担任に虐待を訴えた際の聞き取りでは、「沖縄では、お母さんがやられていた」と訴えていた。

 警察は、なぎさ容疑者が勇一郎容疑者からの暴力を免れるために、心愛さんへの暴行を黙認していたとみて調べている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る