夫気づかず? 毎日新聞常務の妻が覚醒剤所持で逮捕の衝撃

公開日: 更新日:

 同居しながら気づけなかったのか。毎日新聞社常務の妻が覚醒剤所持で逮捕られ、業界内外に衝撃が走っている。

 自宅に覚醒剤を隠し持っていた覚醒剤取締法違反(所持)容疑で、7日、兵庫県警に現行犯逮捕されたのは、広告制作会社社員の増田ルミ子容疑者(46=東京都新宿区)。

「兵庫県警が覚醒剤の密売グループを捜査している過程で、増田容疑者がネットで覚醒剤を注文していることが分かった。その情報をもとに、県警が7日午前、毎日新聞社常務の夫と暮らしている新宿区の自宅マンションをガサ入れしたところ、数袋に小分けされた微量の覚醒剤が見つかった。その場で“御用”となりましたが、一緒に使用済みとみられる空の袋も押収され、使用容疑でも捜査が進められています」(捜査事情通)

 関係者によると、増田容疑者が勤務していた広告会社は、読売新聞東京本社の関連会社から業務を委託されていた。担当者の増田容疑者が、同本社14階にある広告局の机を、作業用として日常的に借り受けていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る