乳児が自宅浴槽で死亡 書類送検の両親は実刑を受けるのか

公開日: 更新日:

 書類送検は軽過ぎないか――。

 埼玉県戸田市で生後11カ月の女の乳児が自宅マンションの浴槽で死亡した事故。県警は15日、乳児の父親(33)と母親(36)を重過失致死の疑いで書類送検した。

 事故は17年1月28日に起きた。午後6時半ごろから、乳児の首に浮輪を着けたまま浴槽に約1時間半放置。母親は長女の世話をし、父親は携帯型ゲームをしていた。その間に次女である乳児は脱水症状になり、低酸素性脳症で死亡した。父親は「自分の自由な時間が確保できて好都合だった」「次女にダイエットさせようと思った」と供述している。

「お湯で末梢血管が拡張して手足に血流が集中したため脳への血流が減り、意識レベルが落ちて脳虚血状態に陥ったのだと思います。ただ、それだけで死亡するとは考えにくい。お湯で溺れたと思うのですが」(小児科医で医学博士の左門新氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る