2人の年の差30歳…人妻教師と男子中学生“禁断の恋”の1年間

公開日: 更新日:

 担任の人妻教師と男子中学生――「禁断の恋」とは分かっていても、気持ちを抑えることができなかった。

 担任していたクラスの男子生徒にキスなどをしたとして、千葉県教育委員会は6日、県北西部の公立中学の女性教諭(44)を懲戒免職処分とした。

 女性教諭は2017年12月15日~18年1月26日の間に、少なくとも7日程度、パソコン室や教科準備室など、他の教員や生徒がいないところで男子生徒と2人きりになり、抱き締め、キスをしていた。校舎内だけでなく、休日にも男子生徒を誘い出し、東京ディズニーランドや葛西臨海公園でデートを重ね、キスや抱擁を繰り返していたという。男子生徒が昨年11月、保護者に「先生とキスをした」と話したため、市教委に相談し、発覚した。

 女性教諭は既婚者で、県教委の聞き取り調査に対し、「お互い好きだった。いけないことだと分かっていた。ただ気持ちを抑え切れなかった。自分自身の責任感、自覚のなさが原因です。男子生徒と保護者に多大な迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」と深く反省しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る