強盗監禁の被害者が一転…10代女性を襲った犯罪者のナゼ

公開日: 更新日:

 強盗致傷・監禁の「被害者」のはずが一転して「性犯罪者」に――。

 辺りはまだ人けもまばらな1日朝7時20分ごろ、スーツ姿に顔中血だらけの男が、徳島県警中央署両国橋交番に助けを求めにきた。

「1人で歩いていたら男ら4、5人に地下のバーに連れ込まれ、殴る蹴るの暴行を受け、財布とスマホを奪われた。(夜中の)12時ぐらいからさっきまで、何をしていたか覚えていない」

 こう被害を訴えた男は意識はしっかりしていて、阿波銀行の行員で松島正樹(23)と名乗った。警察官が被害に遭ったバーに向かうと、扉にはカギがかかっていて中には誰もいなかった。

 翌2日、10代の女性が中央署を訪れ、「昨日、知らない男に襲われました」と、被害を申し出た。捜査員が現場付近の防犯カメラの映像を解析したところ、交番に駆け込んだ松島と、女性と一緒にいる男の特徴や足取りが一致したため、10日、松島を強制性交致傷などの疑いで逮捕した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る