劇薬入り餌でハト大量毒殺…大東文化大准教授の経歴と動機

公開日: 更新日:

 餌やりおじさんは、実はハト殺し准教授だった。

 農薬入りの餌を公園にまいてハトに食べさせ、毒殺したとして、大東文化大外国語学部准教授の藤井康成容疑者(51=東京都北区)が3日、鳥獣保護法違反の疑いで警視庁赤羽署に逮捕された。

 藤井容疑者は1月13日午前11時半ごろ、北区内の公園で農業用の殺虫剤として使用されている劇薬「メソミル」を混ぜた米をまき、カワラバト4羽に食べさせて毒殺した。防犯カメラに公園で餌をまく男の姿が写っていたため捜査員が付近を警戒していたところ、3日後の16日、現場によく似た格好の男が現れた。

「男は捜査員の姿を見つけるなり、慌てて電柱の陰に隠れたそうです。動きが明らかに怪し過ぎたため捜査員が職務質問すると、カバンから鳥の餌用の米が見つかった。さらに自宅からは、メソミルと、メソミルが含まれた餌が入った瓶やペットボトルが大量に押収された。藤井容疑者はメソミルを水で薄め、米などを浸して染み込ませ、乾かしたものを餌としてまいていました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る