AV撮影現場だった渋谷区の保養所 購入理由巡り仰天新事実

公開日: 更新日:

 AVの人気シリーズ「バコバコバスツアー」の主要ロケ地だった旅館を、東京・渋谷区が保養所として購入したのは2014年だった。当時、ワイドショーでも話題を集めたが、その保養所の購入経緯をめぐって怪しい新事実が発覚。再び区議会で「閉館」が叫ばれる異常事態が起きている。

「不適切な購入と言われかねない。閉館すべきではないのか」。2月26日の渋谷区議会の一般質問で、無所属の堀切稔仁議員がこう声を荒らげた。「不適切な購入」と指摘されたのは静岡・河津町の区民保養所「河津さくらの里 しぶや」。区が14年に築50年の古旅館(旧菊水館)を取得、改修して開館させた施設だ。

 購入当時、取得費として予算計上された約2・3億円が「高過ぎる」と議会で問題視され、桑原敏武前区長を被告とする住民訴訟に発展。その裁判で、昨秋、裁判長が職権で購入経緯をめぐる資料提出を求めたところ、原告に開示された資料には驚きの事実が書いてあった。古旅館側が記した〈渋谷区役所様へ売却交渉の経緯〉と題した文書の書き出しはこうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る