陸自幹部2人派遣決定の矢先 シナイ半島で33人死傷自爆テロ

公開日: 更新日:

 防衛省・自衛隊に緊張が走っている。空自のF35Aが墜落しただけじゃない。9日、エジプト北東部シナイ半島で自爆テロが起きたからだ。

 中東通信などによると、15歳の少年が市場近くで治安部隊を襲撃。市民と警官ら計7人が死亡し、26人が負傷。過激派組織「イスラム国」(IS)の傘下組織が犯行声明を発表した。

 シナイ半島といえば、日本政府が新元号発表のお祝いムードのドサクサに紛れて、現地のイスラエル軍とエジプト軍との停戦を監視する「多国籍軍・監視団」(MFO)に陸自幹部2人を司令部要員として派遣することを決めたばかりだ。

「MFOには、米国など12カ国から約1200人が派遣されています。今回の陸自幹部の派遣は、米軍を主力とする多国籍軍への事実上の初参加で、2015年の安保法に基づく。今後、司令部要員だけではなく、陸自部隊を派遣するかもしれない。今もなおテロが活発化している現地に部隊派遣という状況が現実味を帯びているのです」(防衛省関係者)

 武器取引反対ネットワーク(NAJAT)などの有志は12日午後6時半から、防衛省前で陸自派遣に反対する抗議活動を行う予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る