山陽新幹線を停める 54歳元劇団員の動機のナゾと賠償額

公開日: 更新日:

 新幹線の非常用開閉ドアコックを使って扉を開け、線路内に飛び降りたとして、大阪府太子町の無職、山本まとむ容疑者(54)が14日、新幹線特例法違反の疑いで兵庫県警葺合署に現行犯逮捕された。山本容疑者は精神科への通院歴があったという。

 山本容疑者は14日、新大阪発東京行きの切符を持っていたが、なぜか逆方向の新大阪発11時5分の山陽新幹線博多行き「のぞみ17号」に乗り込んだ。新大阪駅を出発してからわずか約6分後の11時11分、9号車でドアコックのカバーの異常を知らせる警報が鳴ったため、運転士が緊急停車させた。

「カバーは完全に止まらないと開けられないようになっていて、停車と同時に山本容疑者はドアを手動で開けた。急きょ乗務員が点検に向かうと、ドアが開けられ、山本容疑者が線路の脇にしゃがみ込んでいた。乗務員らが車内に引き上げ、デッキ部分で取り押さえ、次の新神戸駅で警察官に身柄を引き渡した」(JR西日本関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る