出会い系でオトコ漁りを続け…山口県警20代女性巡査の手口

公開日: 更新日:

 それにしてもビックリだ。同棲中の彼氏がいながら、出会い系アプリで知り合った男を次から次へと何股もかけ、金額まで提示していた。

 出会い系サイトで複数の男と不適切な交際をしたとして、山口県警は今月1日、山陽小野田署に勤務する20代女性巡査を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。女性巡査は同日付で依願退職したが、県警は処分を公表していなかった。

 女性巡査Aは昨年5~8月、スマートフォン向けの出会い系アプリを利用して複数の男と会って、交際を始めた。Aには本命の彼氏がいたが、2人の間にトラブルが発生し、今年2月、A自ら山陽小野田署の上司に相談。Aが男をたぶらかしては、カネまでねだっていたことが発覚した。

「男との間に金銭のやりとりがあったかどうかは、答えられない。複数の男性と交際に至った経緯とか動機とか、さまざまな聴取内容などから検討した結果、こういった処分になった。(交際相手は)複数といっても数十人だったわけではなく、1ケタです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る