池袋車暴走で母子死亡 87歳ドライバーに運転ミスの可能性

公開日: 更新日:

 19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4丁目の都道で、暴走した乗用車が歩行者らを次々とはねた。

 自転車で横断歩道を渡っていた松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が全身を強く打ち死亡。警視庁によると、車を運転していた無職の飯塚幸三さん(87)は、「アクセルが戻らなくなった」と話しているという。

 運転操作を誤った可能性があり、詳しい事故原因を調べる。

 警察によると、飯塚さんの車は道路左側のガードレールに接触した後、横断歩道に進入。自転車1台をはねた後も直進を続け、松永さん親子をはねた後、ゴミ収集車と衝突した。衝突の衝撃でさらに歩行者4人をはね、反対車線のトラックにぶつかり止まったという。

 飯塚さんが運転していた車のドライブレコーダーには最初の接触事故の直前、同乗していた妻が「危ないよ、どうしたの」と呼びかけ、飯塚さんが「ああ、どうしたんだろう」と応じる声も記録されていた。

 飯塚さんは1989年に旧通産省の工業技術院長を退職後、機械メーカー「クボタ」で副社長などを務めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る