手荷物が脱出の障害に…ロシア機炎上死者41名は人災だった

公開日: 更新日:

「ロシア機の被害者は手荷物で死んだ」――。こんな見方が強まっている。

 5日夜(日本時間6日未明)、モスクワのシェレメチェボ空港でロシア航空の旅客機(スホイ・スーパージェット100)が炎上した。同機は離陸直後に通信に障害が起きたため、機長が引き返すことを決断。着陸直後にエンジンから発火し、走行中に激しく燃え上がった。

 乗客・乗員78人のうち41人が死亡。インタファクス通信は、機体が火に包まれているにもかかわらず、後部座席の一部乗客が荷物棚から手荷物を取り出そうとして逃げ遅れ、大きな犠牲につながったと報じた。実際、機外に逃れた乗客の映像を見ると、手荷物を持った複数の乗客の姿が確認できる。日本の一部メディアではさっそく、パイロット経験者が手荷物が死者が多数出た原因である可能性を指摘している。

「旅客機から緊急脱出するときは手荷物を持ってはいけない決まりです。今回の事故はルール違反で一部の乗客が逃げ遅れた『人災』の可能性があります」とは交通ジャーナリストの間貞麿氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  8. 8

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    体重60キロ説まで…日テレ水卜アナを襲う“リバウンド地獄”

もっと見る