関東交通犯罪遺族の会・小沢樹里さん「加害者からは謝罪もない」

公開日: 更新日:

 2008年2月17日夜7時35分、埼玉県熊谷市の制限速度40キロの県道で、時速120キロの猛スピードを出した飲酒運転の赤色のランサーがカーブを曲がり切れず、対向車2台に正面衝突した。対向車の小沢義政さん(当時56)、雅江さん(同56)夫妻2人が死亡、双子の恵司さん(同21)は重体、恵生さんは重傷という計9人が死傷する大事故になった。

 亡くなった小沢さん夫婦は、長男と次男、双子の男女4人の子供たちの他、長男の嫁の樹里さんと孫に囲まれ「うどん屋を開業するのが夢」という兼業農家だった。

 樹里さん(38)は「DV被害で離婚後、私を丸ごと受け止めてくれた優しい義父母と、大学3年生の弟、保育士の妹がいるリビングはいつも明るく、温かい家庭だった」と語る。 日帰りバスツアーに参加した義母と妹を車で駅まで迎えに行った義父と弟が事故に巻き込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る