キャリア官僚が省内で使用か 覚醒剤の入手先と“別宅”の謎

公開日: 更新日:

 経済産業省のキャリア官僚がシャブで逮捕とはぶったまげたが、勤務先の机の引き出しから注射器がゾロゾロ出てきたというのだから、さらに衝撃的だ。エリート官僚は勤務中、省内で覚醒剤を打っていた疑いが持たれている。

 覚醒剤22.1グラム(末端価格約132万円)が入った国際郵便物を受け取ったとして、同省製造産業局自動車課課長補佐の西田哲也容疑者(28)が先月、麻薬特例法違反の疑いで逮捕された事件。警視庁は5日、同省を家宅捜索し、西田容疑者のデスクから複数の注射器を押収した。

 逮捕時には「覚醒剤が入っているのは知らなかった」とすっとぼけていた西田容疑者だが、その後の調べで「仕事のストレスで医師に処方された向精神薬を服用していた。より強い効果を求めて覚醒剤に手を出した」と供述しているという。

「西田容疑者は海外のインターネットを通じ、ロサンゼルスから個人で密輸。匿名性の高い仮想通貨で支払っていた。成田空港に到着した郵便物の中から東京税関の職員がファッション誌のページの間に隠されたビニール袋入りの覚醒剤を発見。連絡を受けた警視庁が中身を入れ替えて郵送し、泳がせ捜査をしていた。宛先は西田容疑者の自宅マンションの別の部屋で宛名も別人だったため、西田容疑者が郵便局に電話して送り先を自分の部屋に変更し、再配達させた。1回当たりの使用量は0.02~0.03グラムといわれるので、22グラムは700回以上の分量になります」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る