相次ぐ自動車暴走事故 大手メディアお涙頂戴一色の不可解

公開日: 更新日:

 大手メディアは連日、8日に滋賀・大津市で軽自動車が散歩中の保育園児の列に突っ込んだ事故報道一色。痛ましい事故ではあるが、テレビを中心に、幼い命が一瞬で奪われた悲劇にことさら焦点を当て“お涙頂戴”とばかりに大騒ぎだ。

 同様に幼い子供が命を落としたことで注目されたのが、連休前に東京・池袋で発生した元通産官僚の高齢男性による暴走事故だった。男性が逮捕されなかったことについて、ネットは「上級国民だから免除された」などと大炎上。

 ナント、海外メディアまでもがこの問題を報道し、インドネシアの「トリビューンニュース」は2日付で、男性について「当局から特別扱いを受けている日本人」と指摘。「3000万~4000万円もの年金を受け取っている」などと報じた。

■元特捜部長も逮捕されず

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る