所得隠し2億8600万円 銀座ママが脱税に手を染めたきっかけ

公開日: 更新日:

 一体、いくら稼いでいたのか――。

 東京・銀座の高級会員制クラブのママで、人材派遣会社「ダブルファイブ」の青木のり子社長(38=東京都港区)が、法人税約6700万円を脱税したとして、同社顧問、天野文彦税理士(47=千葉県柏市)とともに、東京国税局から法人税法違反の疑いで千葉地検に告発された。

 青木社長は「青木千尋」の源氏名で、雇われママとして勤務。店は2016年にオープンした、銀座でクラブを複数経営するグループの一店舗で、高級店がひしめくクラブの中でもトップクラスの売り上げを誇っていた。

「前の店で働いていたときに天野税理士を紹介され、税務処理を依頼し、12年4月に節税目的で会社を設立した。自分をクラブに派遣する形で、オーナーから得た報酬を同社の売り上げとして計上していた。その一方、売り上げの一部を除いて赤字に見せかけるなどの手口で、17年10月までの5年半の間に約2億8600万円の所得を隠していた」(国税関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る