千葉・松戸小3女児殺害事件<後>積極的に発言する理由とは

公開日: 更新日:

 リンちゃんが生きていれば、賑やかな空気に包まれていたであろう家は、ひっそりと静まり返っていて、今もリンちゃんが乗っていた自転車が庭先にぽつんと置かれていた。

 ハオさんは、渋谷被告の死刑を求める署名活動を続けながら、積極的にマスコミの前で発言を続けている。

 とはいえ、見ず知らずの他人に話をするのは、苦痛以外の何ものでもないはずだ。何が彼の心を後押ししているのか。

「事件が起きたあと、最初はリンちゃんの名前が出るのも嫌だったんです。だけど犯人を処罰するには、被害に遭ったことをはっきりと伝え、名前を出して話さないといけないと思ったんです。名前を出さないと誰が被害に遭ったかわからないですから」(ハオさん)

 日本で相次ぐ幼児を狙った事件が「もう起きて欲しくない」という思いもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る