霞が関“覚醒剤汚染” 経産省に続き文科省キャリア官僚も

公開日: 更新日:

 経産省のキャリア官僚だけでなく、文科省のキャリア官僚も“シャブ漬け”だった。

 東京都新宿区の自宅で覚醒剤と大麻それぞれ数グラムを所持していたとして、文科省のキャリア官僚で初等中等教育局参事官補佐の福沢光祐容疑者(44)が28日、覚醒剤取締法違反、大麻取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部(マトリ)に現行犯逮捕された。

「外部から『薬物を使っているようだ』というタレコミがあり、調べを進め、自宅マンションで覚醒剤と注射器を発見した。職場の文科省をガサ入れしたところ、机の引き出しから袋に入った覚醒剤と注射器が出てきた。本人は『覚醒剤は使うために持っていた』と容疑を認めています」(捜査事情通)

 同省によると、福沢容疑者は課長補佐級で遠隔教育やグローバル人材の育成など、高校の教育改革に携わり、全国の学会やセミナーで講師を務めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る