偽五輪バッジ販売 愛好家団体トップが語っていた仰天予測

公開日: 更新日:

「あまりにもひどい偽物だ。摘発されてよかった。東京五輪本番が近づくにつれて、偽物も増えていくでしょう」

 2017年6月、東京五輪の偽ピンバッジが違法に販売されていたことが発覚した際、愛好家団体「東京ピンクラブ」の事務局長(当時)は朝日新聞の取材に対し、こう怒りをあらわにしていたが、まさかその張本人が偽取引に手を染めていたとは……。

 偽のピンバッジを販売していたとして、警視庁生活経済課は4日までに長野市で古物販売業を経営する竹之内勇容疑者(65)を商標法違反の疑いで逮捕した。竹之内容疑者は今年3月までの約2年間で偽ピンバッジを約240回販売し、約140万円稼いだとみられている。

「協賛企業の社員向けに作られた非売品のバッジを偽造したもので、中国から1個2000円ほどで輸入し、ネットオークションで、1個8000~9000円で転売していた。人気のあるものは5万円以上で取引されます。自宅からは、五輪やラグビーワールドカップ関連のピンバッジなど、30種類、約3000点が見つかった」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    本田翼&中条あやみは高評価…春ドラマで株急落の女優は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る