夫が現地ヒットマンに電話依頼…セブ島妻殺害の一部始終

公開日: 更新日:

 現地のヒットマンを雇い、会社社長の妻を射殺とは、まるで「Vシネマの世界」だ。

 昨年8月、フィリピン・セブ島で現地在住のインテリア雑貨製造輸出販売会社社長、浜田純子さん(当時71)が殺害された事件で、兵庫県警捜査1課は13日、刑法の国外犯規定を適用し、夫の慎一容疑者(77=神戸市)を殺人容疑で逮捕した。

 事件は24日夜、セブ市内の路上で起きた。現場は交通量の多い片側3車線の道路。純子さんは赤いSUV車を運転し、自宅に帰る途中だった。その後を男女2人乗りのバイクが追跡。信号待ちをしていた純子さんの車に近づくと男が拳銃を取り出し、「パーン」と窓ガラス越しに発砲した。銃弾は純子さんの頭部と顔面、胸の3カ所に命中、ほぼ即死状態だった。地元警察は翌9月、バイクの後部座席に乗っていたフィリピン人の女(当時27)を麻薬密売容疑で逮捕。10月には、交際相手で実行犯のフィリピン人の男(同29)を違法に銃器を販売したとして逮捕した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る