7年で発生9件 相次ぐ“拳銃強奪”事件はどうしたら防げるか

公開日: 更新日:

 大阪・吹田市の巡査(26)が襲われた事件で、あらためて注目されているのが“拳銃強奪”の再発防止策だ。2013年以降、警官の拳銃が奪われる事件は今回で9件目。拳銃は毎年のように狙われている。

 警察庁も事態を深刻に受け止め、警官本人以外は取り外しがしにくく、刃物でも切りにくい構造の新型ホルスターの導入を進めている。だが襲われた巡査は旧型を使用し、交番の前で背後から襲撃されたという。警察は拳銃強奪にどう対処すればいいのか。

「最も重要なのが現場の警官への指導の徹底です」とは元兵庫県警刑事で作家の飛松五男氏だ。

「警官は勤務中は背後にも気を配るよう指導されています。後ろから襲われたら、しゃがんだりして攻撃をかわすのですが、今回の事件は注意不足だったとも考えられます。午前5時半に虚偽の空き巣の通報があり、交番から警官が2人出動しましたが、空き巣は夕方や夜に発見されるもの。早朝に空き巣の通報がくることはめったにない。出動させた吹田署の地域課はこの時点で通報を疑うべきでした。要するに警察のマニュアルに沿って行動していれば事件を防げた、あるいは被害を最小限に食い止めることができたということ。今後は周知徹底を強化することになるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る