昭和大病院の隠蔽体質 医師2人の逮捕に「取材拒否します」

公開日: 更新日:

「(取材は)拒否します」

 大学病院に勤務する医師たちが次々と女性をレイプし、被害者が続出しているという認識があるのだろうか。

 昭和大病院(東京都品川区)の内科医、金古政隆(29)と研修医の大林久晃(26)両容疑者が睡眠薬入りのドリンクや酒を女性に飲ませ、レイプし、逮捕された事件。2人が勤務する昭和大病院に取材を申し込んだところ、学校法人昭和大学総務部総務課の小林達彦課長から返ってきた回答が、冒頭の一言だった。

 2人が準強制性交などの疑いで警視庁に逮捕されたのは、今年2月27日のこと。被害女性の体内からは、睡眠作用があり、市販されていない薬物が検出された。そこで本紙は翌28日、2人が事件に使用したとみられる薬を病院内で処方していたかどうか、昭和大の指示通り、文書で問い合わせたが、「捜査中のことでありますので、コメントは控えさせていただきます」と書かれたFAXが1枚送られてきただけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る