かんぽ生命不適切発売 局員の内部告発を文書で“締め付け”

公開日: 更新日:

 隠蔽体質丸出しだ。日本郵政傘下のかんぽ生命保険で保険の不適切販売が見つかった問題を巡り、日本郵便が11日、郵便局員に内部告発を締め付ける内部通知を出していたことが分かった。12日の朝日新聞が報じた。

 問題の通知は「ソーシャルメディアへの機密情報などの書き込み禁止及びマニュアル改正」という文書。社内文書や会議・研修資料の内容をSNSなどに書き込む行為を禁じると強調している。従業員からは「本末転倒だ」「締め付けだ」との怒りの声が上がっている。

 日本郵便の経営陣は10日に不適切販売を謝罪し、「抜本的な改善」を誓ったが、内部の不正を隠し、告発への締め付けに腐心しているようでは、世間の不信感は広がるばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る