少女像展示中止のFAX送信 脅迫で59歳トラック運転手逮捕

公開日: 更新日:

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、従軍慰安婦を象徴する少女像の撤去を求める脅迫ファクスが送られた事件。県警は7日、威力業務妨害容疑で同県稲沢市のトラック運転手・堀田修司容疑者(59)を逮捕した。容疑を認めているといい、県警は動機などを調べる。

 堀田容疑者は2日、同県西部のコンビニエンスストアから、名古屋市東区の愛知芸術文化センターに「要らねえだろ史実でもねえ人形展示。大至急撤去しろや。さもなくば、ガソリン携行缶持って館へおじゃますんで~」などと記した文書をファクスで送信し、展示の一部を中止させるなどした。

 同署と捜査1課の捜査で、ファクスが送信されたコンビニが判明。店の防犯カメラ映像などから堀田容疑者が浮上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る