狭山事件<後編>偽りの自白 きっかけ作った関氏に会いたい

公開日: 更新日:

「部落に対する差別というのは、ひどいものがあったね」

 1963(昭和38)年5月23日、当時24歳の石川さんは女子高生誘拐殺害事件の犯人として不当逮捕された。その要因となった部落差別について絞り出すような声で話してくれた。

「ちょうど西武線の線路が境になっていて、ここは踏切向こうと呼ばれていました。部落ではない地区にあった床屋に行ったら『臭いから来ないでくれ』と言われたり、家が貧乏だったから年季奉公に出て、地区の名前を出したら、帰りなさいと言われたりね」

 ――経済的にはどうだったんですか?

「昔は下駄で学校に通ったんだけど、歯がすり減っても新しいのを簡単に買えないから、履くのは冬だけで、春から夏ははだしで学校に行ってたね。足の裏は硬くなってゴワゴワだったよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る