ゲームの如く命奪われ…「堺あおり運転」被害者遺族の悲哀

公開日: 更新日:

「たっくん早く帰ってきて」「たっくん愛してる」

 事件から1年以上が過ぎた今も、母親は亡くなった息子にLINEでメッセージを送り続けている。

 昨年7月、大阪・堺市でバイクを運転中の大学4年の髙田拓海さん(当時22)を乗用車であおり、死亡させたとして殺人罪に問われた元警備員、中村精寛被告(41)の控訴審判決が11日、大阪高裁であった。樋口裕晃裁判長は同罪の成立を認め、懲役16年とした1審の大阪地裁堺支部の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。あおり運転で殺人罪が適用されるのは異例のこと。

 昨年7月2日夜、堺市の府道で高田さん運転のバイクが、中村被告の乗用車を左後方から追い抜いた。これにブチ切れた中村被告は約1キロにわたり、ハイビームにしてパッシングを繰り返し、クラクションを鳴らし続け、車線変更をしてバイクを追い回した。中村被告の車は時速100キロに達し、減速した後、バイクの真後ろから故意にぶつけた。その弾みでバイクは転倒し、ガードロープの支柱に激突。中村被告が運転席でつぶやく様子が、ドライブレコーダーに残されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る