熊谷小4未解決ひき逃げ事件<前編>警察は証拠品紛失を黙秘

公開日: 更新日:

 被害者が死亡したひき逃げ事件の容疑者検挙率はほぼ100%といわれる中、未解決の事件で家族が苦悩する例もある。

 2009年9月30日、埼玉県熊谷市本石の路上で孝徳くん(当時10歳)が自動車にひき逃げされて死亡した。犯人が捕まらないまま、今月末で10年を迎える。

 18日に、県警交通捜査課と熊谷署が、適用罪名を時効が迫った「自動車運転過失致死」から「危険運転致死」に切り替えた。これにより、時効は10年後の29年9月末に変わった。

 事故は10年前の9月30日午後6時50分に起きた。孝徳くんは習い事を終えて、自転車で帰宅する途中だった。目撃者がおらず、物証も少ないことから捜査は難航した。

「自分で情報を掴んで警察に伝えようと、事故から3週間後には現場に立っていました。通常は近隣の人しか使わない狭い道だから、そこを通過するナンバープレートを調べ始めたんです。実際には事故発生時刻は熊谷市外の車も通っていることが分かりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  3. 3

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  4. 4

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る