山口組ナンバー2高山若頭が出所 最大の難局にどう動くのか

公開日: 更新日:

神戸ナンバーが出迎えに

 国内最大の指定暴力団・山口組の次期トップとも目される若頭の高山清司がついに出所した。2014年6月に恐喝罪で収監されてから約5年間のムショ暮らしだった。

 18日早朝、府中刑務所(東京都府中市)の正門には、小雨が降る中、マスコミと機動隊が集まっていた。午前5時20分、トヨタの黒塗りの高級SUVが正門前に訪れた。ナンバープレートを確認すると東京都内にもかかわらず、これみよがしの神戸ナンバーである。言わずもがな、山口組総本部があるのは神戸。神戸から車を出したというメッセージなのだろうか。高山若頭が乗ることはほぼ間違いないと思われた。

 午前6時少し前、正門が開く。先ほどの神戸ナンバーのワゴンと大型SUVが覆面警察車両数台にはさまれて府中刑務所を後にした。

 2011年4月に司忍(本名・篠田健市)山口組6代目組長が府中刑務所から出所した際も、品川駅から東海道新幹線に乗車している。そのため今回もマスコミ約50人は品川駅で高山若頭の姿をおさえるべく張りこんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  4. 4

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  10. 10

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る