14年間で4億円 東京・多摩市ハプニングバー“荒稼ぎ”の手口

公開日: 更新日:

「大人のディズニーランドへようこそ! うちの店は田舎だから警察の取り締まりは受けません」

 店長は客の耳元でこう囁き、2005年から14年間で約4億円を荒稼ぎしていた。東京・多摩市の京王線・聖蹟桜ケ丘駅前にあるハプニングバー「リアリティー」店長の山口和彦容疑者(59)ら男4人が26日までに、公然わいせつ幇助の疑いで警視庁に逮捕された。

 店は雑居ビルの3階にあり、看板には「メンバーズバー」と書いてあるだけで、店名はなし。店内に入ると、すぐにバーカウンターがあり、奥に個室が。壁はマジックミラーで外から丸見え。別の部屋はカーテンを引けば中をのぞき見ることができ、別の場所にはのぞき穴も。ブルーシートに囲まれた部屋には子供用のプールが設置され、ローションがたっぷり入れられていた。

 25日、店内には男6人、女1人の計7人の客がいて男女2人がプレー。その様子を男たちが観賞していたところ、捜査員が踏み込み、従業員とプレー中の2人を逮捕。カップルは事情を聴かれた後、釈放された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る