世界遺産の沖縄「首里城」火災 正殿・北殿・南殿が全焼

公開日: 更新日:

 31日未明、沖縄県那覇市にある首里城で火災が発生した。午前2時40分ごろ、119番があった。

 市消防局や沖縄県警によると、正殿、北殿、南殿がほぼ全焼。城内にあるほかの建物にも次々と燃え広がり、消防車約20台が出動、消火活動を行い、午前11時に鎮圧状態になった。けが人の情報は入っていない。

 首里城は1429年から450年間存在した琉球王国の政治や外交、文化の中心地。太平洋戦争中の沖縄戦で焼失したが、1992年に復元された。

 中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式などに価値があるとされ、首里城跡は2000年に、世界文化遺産として登録された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  5. 5

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  8. 8

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  9. 9

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る