売春、詐欺、大麻、漏洩…逮捕者相次ぐ京都府警の負の連鎖

公開日: 更新日:

「直前に週刊誌が祇園のクラブでボーイをしていた息子の金銭トラブルを報じた。店の酒を無断で転売したのがバレ、署長が連帯保証人になって返済することになったが支払いが滞り、訴訟沙汰に。署長は定年退職の約1カ月前に、自ら命を絶った」(前出の捜査事情通)

 6月には山科署の高橋龍嗣巡査長(38=当時、以下同)が一人暮らしの78歳の男性から現金約1180万円をダマし取り、詐欺容疑で逮捕された。

「寄付のため多額の現金を下ろそうとしていた男性を心配した金融機関の職員が通報し、駆け付けたのが高橋。男性から多額の現金が自宅にあると聞くと、『危ないから預かっておく』と言って500万円を持ち帰った。さらに、金融機関に電話をかけ、警察官を名乗って『男性が引き出したいと言っている』と嘘をつき、680万円を着服した」(別の捜査事情通)

 7月に大麻取締法違反の疑いで逮捕された警察学校初任科生の梅北亘巡査(23)は、柔道の世界ジュニア選手権優勝者。術科指導員の特別枠で採用されたが、学生時代から大麻を常習、警察学校で同期の腕時計を盗むなど窃盗癖もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る