高山若頭出所でいよいよ始まる「山口組vs警察」の最終戦争

公開日: 更新日:

「警察が本腰を据えて乗り込んだ」との声が聞こえる。4日、警視庁と静岡県警の合同捜査本部が山口組総本部(神戸市)を家宅捜索した。6代目山口組弘道会系組員ら8人が特殊詐欺容疑で逮捕されたことを受けてのガサ入れ。この事件で警察は10月にも6代目の中核組織・弘道会を捜索した。相次ぐガサに、警察が6代目の壊滅に動きだしたのではないかというのだ。

 その伏線が10月18日の山口組ナンバー2の高山清司若頭の出所だ。6代目である司忍組長の信頼が厚く、分裂した組織の立て直しを図るとみられている。暴力団に詳しいジャーナリストの鹿島一男氏が言う。

「高山若頭は自分の服役中に組が分裂した責任を痛感し、ケジメをつけたがっている。神戸山口組側を骨抜きにして人員を6代目側に戻し、組織拡大を考えているのです。今後は神戸の井上邦雄組長らに使者を出して『命は保証するから引退しろ』と迫り、傘下の組員に『過去のことは不問にするので戻ってこい』と持ちかけるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る