元地下アイドル全裸自慰動画配信 4.9億円を荒稼ぎした手口

公開日: 更新日:

 チャットルームは完全個室で、クローゼット内のコスプレ衣装は着放題。大人のおもちゃは女性スタッフが新品を用意していた。画面写りが映えるメーク法のマニュアルやファブリーズ、コロコロまで用意され、漫画喫茶ブースのチャットルームまであり、漫画も読み放題だった。

「漫喫ブースは視聴者の妄想がマックスに膨らむようで、アクセス数が格段にアップした。女の子は黒く塗りつぶしたLINEのIDと携帯番号を公開し、徐々に文字と数字を明かしていた。結局、最後までは知らせないのですが、そうやって視聴者をジラして視聴時間を増やしていたのです。女の子は1日10万円のノルマを課され、本人たちが配信タイトルをつけることもあった」(前出の捜査事情通)

 調べに対し、内山容疑者は「女性器を隠すように指示していた」と一部否認しているものの、一方で「生配信した映像をDVDにしてモザイクをかけて売ろうとした」と供述しているというから、出してはいけない部分があらわになっていたということ。

 広瀬ゆう、みきぷるんっ、元地下アイドルと、ネット上ではFC2の美人自慰エロチューバーの相次ぐ摘発を嘆く声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る