栽培ノウハウ全国に広め乱用者増やした“大麻の師匠”の大罪

公開日: 更新日:

 表の顔は園芸店社長で、裏の顔は「大麻の師匠」だった。

 大麻の栽培道具を販売したとして、東京都世田谷区の園芸用品販売会社社長、公文智容疑者(53)が20日、大麻取締法違反(栽培幇助)の疑いで神奈川県警に逮捕された。大麻栽培用具の販売による立件は全国初とのこと。

 公文容疑者は2016年、渋谷のラブホテル街近くの路地裏のビルの1階に園芸用品輸入・販売店「グロウショップ レアル」をオープン。表向きは園芸店の社長を装いながら、大麻栽培の顧客数百人に、栽培用の照明器具や肥料などを販売していた。

■顧客数百人抱える東日本最大級の店

「店内は園芸販売店というよりむしろ倉庫のようで、棚には何種類もの植物の栄養剤や肥料が並べられ、床には段ボールが積まれ、照明器具やファンなどもあった。公文容疑者は顧客に大麻草の成長具合に応じて、どの肥料を使えばいいか、あるいは初心者向けに栽培方法をアドバイスしていた。顧客の自宅からは公文容疑者が書いたメモが見つかった」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る