栽培ノウハウ全国に広め乱用者増やした“大麻の師匠”の大罪

公開日: 更新日:

 県警は昨年10月から今年11月にかけ公文容疑者から栽培キットを購入した弟子23人を大麻栽培容疑などで逮捕し、1600本以上の大麻草を押収した。

 同店の営業時間は、平日は16時から21時までと普通の園芸店にしては明らかに怪しく、HPでは海外から輸入したとみられる栽培道具や肥料などの商品が数多く販売されている。「初心者グロウ完全セット」だけで8種類(6万5000円~)あり、「最強栽培究極セット」(40万円)といったものも。

 さらに、「長年にわたって蓄積されたデータを元に、最高の配合表(水耕栽培)が完成しました。希望するよゐこの方にはお配りします」といった意味深なメッセージも記載されていた。

「ほとんど人が出入りしているのを見たこともなかったですし、その社長はもちろん、人の気配は全然なかったですね」(店の近隣住民)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  8. 8

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  9. 9

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  10. 10

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

もっと見る