五霞町女子高生殺害事件<前編>事件前後ナンパが盛んだった

公開日: 更新日:

 東武伊勢崎線の谷塚駅を降りると、ロータリーを囲む駅前にはスーパーマーケットやラーメン屋などの飲食店が軒を連ね、都市近郊の見慣れた日常風景が広がっている。

 その駅前から速足で行けば5分もかからない場所に瀬崎浅間神社がある。旧国道4号が目の前を走っていて、車の交通量は多い。

 2003年7月6日、この神社で行われていた夏祭りで女子高生が忽然と消え、遺体となって発見されるという痛ましい事件が起きた。事件は未解決のままだ。

 被害者は当時高校1年生だった佐藤麻衣さん。事件発生当日、谷塚の隣駅・竹ノ塚に暮らしていた。友人と連れ立って夏祭りに行く予定だったが、急用ができたのか、彼女はひとりで会場にいた。

 その後、かき氷の屋台でアルバイトをしていた17歳の女性と意気投合し、一緒に客の呼び込みなどを手伝った。この女性によれば、午後9時すぎに麻衣さんの電話に着信があり、会話を終えて屋台を後にしたという。間もなく、彼女は神社の周辺で姿を消してしまったのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る