拳月ら4大勢力300人逮捕 大阪府警“半グレ狩り”加速の今後

公開日: 更新日:

 大阪府警が「半グレ狩り」を加速させている。

 昨年1年間で200人余りだった逮捕者が今年は11月末時点ですでに300人を超え、12月分を合わせるとさらに増える。

 府警は今年9月3日、初の「半グレ対策会議」を開いた。府警本部や南署、曽根崎署の幹部ら約50人が出席し、石田高久本部長がハッパをかけた。ここまで「半グレ対策」に本腰を入れたのには、ある理由がある。7月27日に放送されたNHKスペシャル「半グレ 反社会勢力の実像」だ。

 番組は大阪・ミナミを拠点とする半グレ「拳月グループ」の首領で、元格闘家の相良正幸被告(35)と「テポドングループ」のリーダー、籠池勇介被告(33)が肩で風を切りながら、ミナミの街を闊歩するシーンから始まる。

「半グレグループがしのぎを削る大阪で、2人はミナミの顔として知れ渡っている」とヨイショし、「自分らは捕まるようなことはしていない。それが顔をさらして取材を受ける理由だという」と説明。籠池被告のインスタを見て「ファン」になったという女性まで紹介していた。出演した半グレたちはキャバクラやガールズバーなどを経営し、ブランド物の服や装飾品、時計を身に着け、仲間とバカ騒ぎする派手でぜいたくな暮らしぶりをタレ流した。放送後、府警には「あんなんが堂々とミナミで好き放題やっとんのか」「はよ、捕まえんかい」といった苦情が殺到。番組を見た警察庁長官も激怒したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る