抵抗で片目失明…院内で女性弄んだ53歳ワイセツ整形外科医

公開日: 更新日:

 院内で医師に体を弄ばれ、拒否しようとしたところ転倒し、片目をほぼ失明したというのだから、許せるはずがない。

 26日、三重県津地検は同県松阪市「まんのう整形外科」の萬濃裕司院長(53)を強制わいせつ致傷罪で在宅起訴した。

 萬濃被告は2015年3月24日、院内の椅子に腰かけていた30代女性の胸を揉み、額にキスをした。女性は拒絶し、触られないよう体を動かした際、椅子から転げ落ち、顔面を強打。片目に全治不能のケガを負い、視力をほぼ失った。女性は病院の患者ではなかった。

 17年11月、萬濃被告は強制わいせつ致傷容疑で三重県警に書類送検されたが、不起訴処分となったため、女性は津検察審査会に審査を申し立て地検が再捜査していた。事件発生から3年半以上が経ち、ようやく起訴となった。


■私大卒に負い目?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る