小田急線内でしごき射精 IT関連会社社員のふるった言い訳

公開日: 更新日:

「第三者が自分のズボンのポケットの中に手を入れてきたので、思わず出しちゃった」

「精液ぶっかけ男」の言い訳がふるっている。

 小田急線内で20代女性の腰あたりに精液をかけたとして、神奈川県海老名市のIT関連会社社員の吉田紘也容疑者(28)が7日、器物損壊の疑いで警視庁代々木署に逮捕された。

 昨年9月12日、吉田容疑者は自宅最寄り駅の小田急線海老名駅から快速急行に乗車。午前8時~8時半ごろ、東京・渋谷区内を走行中の電車内でズボンのチャックを下ろし、おもむろにイチモツを取り出し、前に立っていた20代女性会社員の腰付近に押し当てた。

「女性は何かが当たっているなとは思っていたそうですが、それが手なのか、荷物なのか、まさか性器とは思いも寄らなかった。とにかく気持ち悪かったので、電車内を移動して、少しでも吉田容疑者から離れようとした。吉田容疑者は逃げようとする女性の後をつけ、イチモツをしごいて射精し、女性のスカートの右腰あたりにぶっかけたのです。女性は何か様子がおかしいなと思い、電車から降りて腰に手を当てると、ヌルッとした生温かい液体で濡れていて、においをかいだら生臭かった。それで慌てて警察に通報したのです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る