東住吉事件<前>息子の手を引き離され警察の車に乗せられた

公開日: 更新日:

 1995年7月22日の夕方、大阪市東住吉区にある青木惠子さん(当時31)宅で火災が起こった。青木さんのほか、当時の内縁の夫Bさん(同29)と息子は避難して無事だったが、入浴中だっためぐみちゃん(同11)が死亡する。

 青木さんとBさんは逮捕され放火、殺人、詐欺未遂の罪などで起訴された。以後、20年にわたり、獄中での生活を余儀なくされるが、16年8月10日に大阪地裁で再審無罪判決を受けた。青木さんはどのようにして娘殺しという濡れ衣を着せられたのか。

 事件当時、一家は2階建ての一軒家に居住していた。1階手前には台所と風呂場があり、車庫(玄関土間)にはBさんが仕事で使う軽ワゴンがあった。

 風呂は車庫に面した部分に煙突がついたガス釜があり、車のタンクからはガソリンが気化して漏れ、種火に引火した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  6. 6

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  7. 7

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る