埼玉県ラグビー協会から900万円を…着服女の使途と私生活

公開日: 更新日:

 せっかくの「ラグビー人気」に水を差す裏切り行為だ。

 一般社団法人「埼玉県ラグビーフットボール協会」の口座から現金を着服したとして、元パート職員の寺内めぐみ容疑者(52)が16日、業務上横領の疑いで埼玉県警捜査2課に逮捕された。

 2017年6~9月にかけ、寺内容疑者は同協会の預金口座から熊谷市内のATMで5回にわたり、現金約114万円を引き出し、そのうち約40万円余りを高級ブランドバッグの購入に使い、残りを生活費などに私的流用していた。

 18年12月末の決済処理で売上金の収支が合わず、900万円以上の使途不明金が判明。協会関係者は同月中旬、ヘルニアで入院していた寺内容疑者のもとを訪れ、問いただしたものの関与を否定し、19年1月30日付で退職した。

「16年、協会が社団法人化した際、パート職員として採用しました。経理の仕事を手伝ってもらっているうちに、任せきりになってしまった。服装が派手になったとか生活ぶりが変わったとか、そんな印象はまったく感じられなかった。事件発覚後、何回追及しても『分かりません』の一点張りで、動揺した様子も見られなかった。ところが昨年4月になって、多額の使途不明金が発覚したことがメディアで報じられた。それで本人も観念したらしく着服を認めたため、昨年8月、刑事告訴しました」(協会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る