神戸教諭いじめ問題の担当職員自殺…加害教諭たちのその後

公開日: 更新日:

 いじめ教諭4人は、担当職員の「飛び降り自殺」をどう受け止めているのか。

 9日午前6時15分ごろ、神戸市教育委員会総務課の男性係長(39)が兵庫県芦屋市の東灘芦屋大橋から飛び降り、命を落とした。自宅には妻に宛てた置き手紙があり、そこには多忙で悩みを抱えていたと自殺をほのめかす内容が書かれていた。男性は昨年4月から総務課勤務となり、市立東須磨小で起きた「教諭いじめ問題」で会議の調整などの業務を担っていた。

 同日午前4時10分ごろ、男性の妻から「家に置き手紙があり、夫がいなくなっている」と110番があった。芦屋署員がパトカーで捜索していたところ、橋の上にいる男性を見つけ、声を掛けた。すると男性は突然、走り出し、10メートルほど先で高さ1・1メートルの欄干を乗り越え、25メートル下の公園に落下。地面に叩きつけられ、すぐに病院に運ばれたものの、死亡が確認された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る